尾道産いちじく「蓬莱柿」の人気が高まる

尾道産のイチジク「蓬莱柿」(ほうらいし)の人気が高まっている。JA尾道市いちじく部会の髙橋泰登部会長は「新聞社やTV局が5社取材に来て、人気の高まりを実感する」と話す。4年前に尾道市ブランド認証制度で同会のイチジクが認証品目第1号となったこともあり、県外での知名度も上がり、要望も高まってきている。販売は出荷量の80%を県内へ、20%を県外に出荷。予冷出荷を基本として鮮度維持に努め、市場から高い評価を得ており、昨年度の268tだった出荷量は、今年度360tを目指す。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2019-09-09 | Posted in 2019.9.10号No Comments »