日系3世による演劇でイービジョンが映像撮影を担当

映像制作事業を展開するイービジョン㈲(尾道市長江2—7—1)が尾道・因島の撮影を担当した演劇「From the Inland Sea.〜The boy`s dream〜」が8月17日と18日に、カナダのバンクーバーで上演された。監督は尾道市出身の祖父を持つ、日系カナダ人3世のリンダ・オオハマさん。同演劇は尾道とバンクーバーをつなぐプロジェクトの第1回として行われる。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* TOS
*必須項目
2019-08-16 | Posted in 2019.8.20号No Comments »