この人に聞く 社会福祉法人アンダンテ 理事長 池田 正則氏

就労と社会参加の促進を目指し
「障がい者」の就労支援に尽力

厚生労働省の調べによると、就労支援施策の対象となる「障がい者」は全国に約377万人(2018年度)とされている。そのうち約60%が一般企業へ就職したり、就労系福祉サービスを利用しており、その数は年々増加している。
福山市でも「障がい者」が働きながら技能を身に付ける就労継続支援A型支援所が経営破綻のため閉鎖され、100人以上の「障がい者」が解雇されるというニュースを目にした人も少なくないだろう。
いまだ多くの課題を抱える「障がい者」の就労支援に、20年以上携わっている社会福祉法人アンダンテ理事長の池田正則氏。池田氏の現在の取り組み、そして今後目指すべき就労支援の形などについて話を聞いた。

 

 

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2019-07-31 | Posted in 2019.8.1号No Comments »