プロテックが河川監視カメラシステムの提案に注力

防災・防犯関連商品の販売・施工の㈱プロテック(福山市南蔵王町6—18—40、永井健三社長、℡084・943・6444)は、河川監視カメラシステムの提案に注力している。昨年の西日本豪雨を受けて開発を加速し、備後地区の自治体や町内団体へテスト機器を設置。豪雨や増水などの水害の二次被害対策に貢献する。7月中旬から、福山市駅家学区の自主防災組織、府中市役所、尾道市役所の協力を得て、各団体の河川のそばにテスト機器を設置する予定。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2019-07-08 | Posted in 2019.7.10号No Comments »