共楽堂が本社を三原市皆実2丁目へ移転

お菓子の製造・販売の㈲共楽堂(三原市皆実2—6—10、芝伐敏宏社長)は4月27日、本社と工場を同市皆実1丁目から2丁目に移転した。敷地面積は1963・25㎡、延べ床面積は1016・95㎡の2階建て。以前の工場では看板商品「ひとつぶのマスカット」とチョコレート菓子「広島チョコラ」などの製造を分ける余裕がなかった。新工場は作業区域を完全に区切ることで、より衛生管理の高い製造が可能となった。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2019-05-28 | Posted in 2019.6.1号No Comments »