この人に聞く 大信産業株式会社 取締役会長 田中 康貴氏

農業分野と緑化分野に事業領域拡大
「信用と技術を大切に」創業100年

 今年新たに「100年企業」の仲間入りを果たしたのが、尾道市の大信産業㈱(田中公浩社長)。創業は1919年田中泰輔氏が因島に開いた薬店「田中大信堂」にさかのぼる。2代目の田中富造氏が戦後、農薬卸に進出。その後、農薬と同じ販路で商売できる農業用資材や肥料も扱うようになったほか、農薬のノウハウを活用したゴルフ場の請負防除を始めとした緑化関連にも事業領域を広げ、物を売るだけでない、技術やノウハウに立脚した提案型ビジネスを展開する。
大正、昭和、平成の時代を駆け抜け、次なる令和時代にどのような足跡を刻むのか。同社の田中康貴会長に、会社の歴史とともに現状や将来展望について話をお聞きした。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* TOS
*必須項目
2019-05-01 | Posted in 2019.5.1号No Comments »