高島の竹田水産が定置網漁業の体験サービスを開始 

高島のリゾートペンション「カーサ・タケダ」を運営する㈲竹田水産(笠岡市高島5208、竹田航平社長、https://www.casa-takeda.jp/)は、4月から7月までの予定で、瀬戸内の桜鯛を漁師とともに収獲・堪能できるサービスを開始した。来店1週間前の予約が必要で、服装は動きやすいもの。また天候により漁業体験の内容が変わる場合がある。 定置網での漁業体験から桜鯛のフルコース、瀬戸内の地魚のおみやげのパッケージサービスで、価格は8千円(税抜き)、未就学児から小学生までは4千円(税抜き)となる。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* TOS
*必須項目
2019-04-06 | Posted in 2019.4.10号No Comments »