求人難と働き方改革

求人難が続いています。10月末時点の広島県の有効求人倍率は2・11倍で、全国でも2番目に高い水準です。今後は、今までの募集の仕方や働き方を変化させていく必要があります。

募集の仕方としては、集めやすく、優秀な方がいるゾーンを探すことです。例えば、10時〜16時希望の女性。家庭の用事やお子さんの朝夕の準備・送迎等があり、ちょうど良い時間働ける場所が少ないのが現状です。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2019-01-19 | Posted in 2019.1.20号No Comments »