サン・クレアが「アンカーホテル福山」を開業

㈱サン・クレア(福山市城見町1—1—6、細羽雅之社長兼CEO)は12月15日、同町1—1—10の賃貸マンション「城見壱番館」をコンバージョン(用途変更)した宿泊施設「アンカーホテル福山」を開業した。立地はJR福山駅北口から徒歩3分と利便性が高い。家具調度品・衣類などに、地元企業とコラボした商品をそろえて地場産業をアピールする、個性的なホテルとなっている。ゲストハウスを除き、マンションをコンバージョンして宿泊施設にした例は、福山初となる。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2018-12-27 | Posted in 2018.12.20号No Comments »