尾道商工会議所が創立126周年会員大会を開催

尾道商工会議所創立126周年会員大会が11月28日18時からしまなみ交流館で開催された。

第一部の式典で福井弘会頭は、4月の受刑者逃亡事件、7月の豪雨災害、9月の長雨などで右肩上がりに伸びていた観光客数に水を差す事象が相次いだ。会議所としては「平成30年7月豪雨による災害に関する特別相談窓口」をいちはやく設置。また、観光客減少に危機感を感じ、市や観光協会と共に元気な尾道を早急にアピールするため「尾道はもう元気じゃけえ!!」というプロモーションビデオを作成し公開した。現在も豪雨で直接、間接的に被害を受けられた事業者に対し、資金調達や各種補助金申請の支援を中心にサポートしている。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2018-12-27 | Posted in 2018.12.20号No Comments »