三原企業2社が小・中学生と新商品開発

三原市では地方創生の一環として、市内小中学生と地元企業との連携により、新たな地域特産物となる商品の企画・開発・販売を行うキャリア教育事業を実施している。

今年度は西小学校と㈱コグマヤ、大和中学校と㈲共楽堂とがそれぞれ連携し、取り組みを展開している。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* TOS
*必須項目
2018-12-08 | Posted in 2018.12.10号No Comments »