白牡丹が補色修理用専用の機械を導入

ブランドバッグなどの修理を行う鞄工房白牡丹(福山市今町4—22、高田寛之代表)は8月から、本革部品などの補色修理用に専用の機械を導入した。本革は素材や持ち主の使用方法で一点一点修理方法が変わり、対応が難しいが、同社は修理の精度をより高めて、顧客の要望に応える。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2018-10-29 | Posted in 2018.10.20号No Comments »