尾道柿園が柿渋工房・カフェを立ち上げ

㈱尾道柿園(尾道市御調町菅2056—1、宗康司社長)は、11月オープン予定で柿渋工房・カフェの建設を進めている。観光客や地区人口の増加と産業を創出して地区の経済を活性化させることが狙い。同社は主力商品として「柿渋」増産の準備をしている。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2018-09-18 | Posted in 2018.9.10号No Comments »