この人に聞く 株式会社三谷製作所 代表取締役社長 三谷晋一郎氏

長尺シャフト・ねじ加工を得意に
「選択と集中」で企業業績を伸長

 今年6月、㈱三谷製作所の代表取締役社長に就任した三谷晋一郎氏。父の三谷誠一氏が務めた後をうけ5代目の社長に就任した。
100年の歴史の中で「石油エンジンミタニ発動機」を発明し、尾道地区に100台の販売したことで始まった同社。近年は自社の持つ高い技術力の情報発信に成功し、長尺シャフト加工やねじ加工で多くの新規顧客を獲得し業績を伸ばしている。コストダウンや納期短縮にも熱心に取り組む。また、これからの5年でできる限りの改革を進め、必要な設備投資やシステムの見直しを通じて、日本の企業に求められる会社の確立に心血を注ぐ。
新社長の三谷氏には、営業課長や部長時代の取り組みや今後の会社の改革の意気込みを聞いた。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2018-08-31 | Posted in 2018.9.1号No Comments »