アンケート調査―「平成30年7月豪雨」について

7月の集中豪雨は、広島県東部に洪水や土砂崩れという直接的な被害のみならず、断水や停電、交通インフラの被害で経済活動や地域住民の生活に深刻な影響をもたらした。

本誌では、購読者にアンケートを依頼し、被害状況の一端を調査した。102社からいただいた回答を集計し、内容を分析した。

質問と回答は次の通り。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2018-08-31 | Posted in 2018.9.1号No Comments »