尾道舟券売り場問題で反対住民が提訴

尾道舟券売り場反対市民連絡会(黒田穣代表)ら、尾道市新高山に㈱備宝(福山市)が計画する尾道舟券売り場に反対する住民24人が6月25日、新高山町内会(下山真志会長)を相手取り、広島地方裁判所尾道支部へ提訴した。新高山町内会は昨年11月3日に臨時総会を開催。尾道舟券売り場開設に賛同する決議を行っており、原告の反対住民側は決議無効を求めている。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2018-07-06 | Posted in 2018.7.1号No Comments »