この人に聞く アパレルアイ株式会社 代表取締役社長 福永 一夫氏

アパレルアイがあってよかった―
そう言われ続ける経営を目指して

 神辺生まれの神辺育ち、神辺が大好き。地元の良さは肌で感じていると話すのは、アパレルアイ㈱の福永一夫氏。ファッションパンツ専門のアパレル会社で、34歳の時に独立、創業して36年目を迎えた。
4年目から自社企画を生産し、大手百貨店やテレビショッピング、通販会社などで順調に売り上げを伸ばしている。備後地域で昔から継承されてきた繊維産業基盤を活かして、毎シーズン新しい女性ファッションパンツを開発している。志は高く、目指すところは日本一。
アパレル業界で、生き残るというのは非常に難しい中、ボトムスに的を絞った経営について話を聞いた。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2018-03-11 | Posted in 2018.3.10号No Comments »