この人に聞く 株式会社タテイシ広美社 代表取締役社長 立石 良典氏

デジタルサイネージ技術で先行し
オンリーワン企業の地歩固めへ

現会長の立石克昭氏が1977年に創業、86年に法人化した㈱タテイシ広美社。まちの看板業者から、いち早く電子看板であるデジタルサイネージの分野に進出。デジタルサイネージ用のソフトウエアも手掛けるなど、デジタルサイネージ分野で一歩先行く取り組みが評価されている。
7月の創業40周年式典でサプライズ発表があり、2代目の社長に就任した立石良典氏。入社以降、東京を中心に同社の営業拡大に尽力しており、最近では東京五輪関係の案件で受注を積み上げている。新社長の平素からの持論とともに同社の最近の取り組みについて話を伺った。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2017-11-08 | Posted in 2017.11.10号No Comments »