広島経済同友会三原支部がニシキゴイを放流

広島経済同友会三原支部(赤利俊彦支部長)は5月27日、三原市の国史跡、三原城跡の堀でニシキゴイ約240匹の放流イベントを開催した。同支部が行っている「みはら鯉の城下町」構想の一環。大小様々な色鮮やかなコイが放たれ、多くの見物客でにぎわった。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
2017-06-07 | Posted in 2017.6.10号No Comments »